[PR]

 ペットのニホンザルを鉄の棒でたたき殺したとして、宮崎県警は11日、同県都城市の農家の男(71)を動物愛護法違反の疑いで逮捕し、発表した。

 都城署によると、男がニホンザルを飼っているとの情報をもとに県北諸県農林振興局の職員が10日夕、自宅に出向いたところ、激高した男が庭のオリから引っ張り出して殺した疑いがある。容疑を認めているという。ニホンザルを飼うには、鳥獣保護法に基づく許可が要る。男は他人から譲り受けたといい、署は飼育の経緯を含めて調べる。(中村光)