[PR]

 静岡県富士宮市の石川恵子さん(52)は48歳のとき、アルツハイマー病と診断された。今はグループホームでパート職員として働く。給料は月約7万2千円。障害年金約7万円を合わせ、市内に住む母親の手助けを得て暮らしている。「お給料があるから生活できる。みんながいるから仕事も楽しい」

 一昨年8月まで大手メーカーの社員だった。徹夜で仕上げた業務改善リポートで社長賞をとったこともあるという。異変が起きたのは、主任職に昇進し、男性の部下や同僚とのあつれきに強いストレスを感じていたころだ。車で帰宅途中、道がわからなくなった。気づくと、40キロ以上離れた静岡市内にいた。

 1年半、休職して退職した。20年以上勤めた会社を辞めたことについて、「さびしかったな。男には負けない、一生頑張っていこうと思っていたから」と振り返る。

 休職中に主治医から、今後の生活について地域包括支援センターに相談してみたらと勧められた。センターでは職員の赤池好子さんから、自宅近くの介護施設でのボランティアを提案された。これが転機だった。

 まずはボランティアとして通い…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら