[PR]

 ロシアのプーチン大統領は11日、ロシア陸上界のドーピング疑惑について「責任は個人的なものであるべきだ」と述べて、ドーピングを行っていない選手に影響が及ぶべきではないという考えを示した。「国家ぐるみのドーピング」という疑惑を否定する意図もあるとみられる。

 世界反ドーピング機関(WADA)独立委員会は、ロシア陸上界が組織ぐるみのドーピングを行っているとして、来年開かれるリオデジャネイロ五輪への出場を認めないよう要請している。プーチン氏はロシア南部ソチでムトコ・スポーツ相らと会談し、この問題について初めて見解を表明した。プーチン氏は「ドーピングに手を染めたことのない選手たちが、違反を犯した者の責任を負うようなことがあってはならない」と強調。「国際機関とそうした方向にむけて行動するよう」関係者に要請した。ロシア選手全員が五輪から締め出される事態は回避したい考えだ。

 プーチン氏はドーピングが深刻なことを認めた上で「ロシアはこの問題を克服するために必要なすべてのことをしなければならない」とも表明。国際的な反ドーピング機関と協力しつつ独自の内部調査を実施する必要性を強調した。(モスクワ=駒木明義