[PR]

 愛知県教育委員会は12日、県立五条高校(愛知県あま市)の男性教諭(59)が、生徒の成績など個人情報が入ったUSBメモリーを紛失したと発表した。閲覧にはパスワードを入力する必要があり、今のところ、悪用されたという報告はないという。

 県教委によると、メモリーには3年生350人が受けた校内の実力考査と模擬試験の計9回分の成績が含まれていた。順位や偏差値、志望大学への合格の可能性などが記されていた。

 男性教諭は10月中旬、進路指導の資料を自宅で作成するため、校内のパソコンから私物のメモリーにデータを複写した。今月7日、紛失に気づき、校内や自宅を探したが見つからなかった。成績の電子データの持ち出しは一切禁止されているという。