[PR]

 妊娠や出産をめぐり不利益な扱いや嫌がらせを受ける「マタニティーハラスメント(マタハラ)」に関する厚生労働省の初調査の結果が12日公表された。マタハラを受けた女性のうち、半数近くが経験したのは、職場で「迷惑」「辞めたら?」などと言われること。こうした被害を防ごうと、厚労省は法改正の検討を始めた。

 調査は9~10月に企業6500社やそこで働く25~44歳の女性らを対象に実施。結果(速報)が12日の厚労省の審議会で示された。妊娠や出産、育児をした女性のうちマタハラを受けた割合は、派遣社員が最も高く48・7%。正社員21・8%、契約社員13・3%、パート5・8%と続いた。

 経験したマタハラで最も多かったのは、「『迷惑』『辞めたら?』など権利を主張しづらくする発言」で47・3%。このほか雇い止めが21・3%、解雇が20・5%、退職や非正規への転換強要が15・9%と、マタハラが横行する実態が明らかになった。

 マタハラをしたのは直属の男性…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら