[PR]

 奈良市立一条高校の校長に来春、東京都杉並区立和田中学校の元民間人校長、藤原和博さん(59)が就任する。13日、市の教育委員会が発表した。一条高はスマートフォンを授業で活用する試みを進めており、来春から本格化させる。藤原さんはこの仕組みづくりに関わってきた。

 藤原さんはリクルート出身。2003年から5年間、和田中校長として都内の義務教育で初の民間人校長を務めた。身近なテーマを材料に世の中の仕組みを伝える授業「よのなか科」や進学塾と提携した夜間の有料授業「夜スペ」など斬新な手法で注目を集めた。

 奈良市の政策アドバイザーを務め、今年10月、一条高でスマートフォンを活用し、よのなか科の授業を実施した。

 任期は16年4月から2年。市教委の中室雄俊(たけとし)教育長は「革新的な視点で学校経営に取り組んでもらえる」と期待する。奈良市は一条高を舞台に奈良教育大、オンラインの学習サービス「受験サプリ」を運営する「リクルートマーケティングパートナーズ」と連携し、教育改革に取り組むことにしている。(青山祥子)