[PR]

 「ドグラ・マグラ」などの伝奇小説で知られる福岡県出身の作家、夢野久作(1889~1936)の姿を写した珍しい映像が見つかった。35年に、父親で「政界の仕掛け人」と呼ばれた杉山茂丸の福岡での葬儀の様子を撮影したもの。22日から、福岡市内で開かれる「夢野久作の童話展」で公開される。

 映像は茂丸と親交のあった筑豊の炭鉱主、中島徳松が撮影させたとみられる。中島の子孫宅でフィルムが見つかり、今年春、久作の孫の杉山満丸さん(59)に動画のDVDが提供された。満丸さんは「久作の顔かたちがはっきり分かる動画を見たのは初めてで、貴重な資料だ」と話す。

 映像のうち、公開されるのは6分49秒。博多駅に到着した列車から、白い布で包んだ大きな箱を抱えた久作が降りて来る様子などが映る。葬儀の場面では、松竹創業者の大谷竹次郎ら多くの著名人からの花輪も映っており、茂丸の交遊関係の広さをうかがわせる。

 映像が撮影された35年、久作は「ドグラ・マグラ」を出版、翌年、脳出血で急死した。童話展を主催する「ハカタ・リバイバル・プラン」の立石武泰会長(63)は「作家としての絶頂期の姿を写した点でも興味深い」と話す。

 「夢野久作の童話展」は22~28日、福岡市博多区の立石ガクブチ店で。入場無料。(上原佳久)