【動画】外国人約100人が集まったドリフト大会=茶井祐輝撮影
[PR]

 二本松市のエビスサーキットで13日、ドリフト大会が開かれ、外国人約100人が集まった。「県内でこんなに外国人が集まるイベントは珍しい」と県も注目。観光客を増やすヒントを探ろうと、観光交流課の職員も視察に訪れた。

 ドリフトは、車を滑らせながらコーナーを曲がる技術。エビスサーキットは専用コース6本を備え、ドリフトの「聖地」をうたう。大会は外国人の頭文字から「G1(ジー・ワン)グランプリ」と呼ばれ、年3回のペースで開かれている。

 集まったのは、11カ国からの出場者48人と付き添いの人たち。出場者の8割はオーストラリア人だ。2011年から毎年来ているというメルボルンの溶接工、ニック・ウィルソンさん(25)はこの1カ月ほど日本に滞在し、最後の週末に大会に出場した。「ここは最高。コースも設備も整っている。毎日のように来て練習していたよ」

 サーキットを訪れる外国人に県…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら