[PR]

 痴漢や盗撮をした人の4割が、有罪確定から5年以内に犯罪を繰り返していることが13日に法務省が公表した「犯罪白書」で明らかになった。強制わいせつの検挙件数も、昨年は過去最多。白書は、性犯罪の加害者の特徴に合わせた対策の必要性を指摘した。

 今回の白書は、厳罰化の検討が進む性犯罪を重点的に調べた。昨年の強姦(ごうかん)での検挙件数は1100件、人数は919人で、ともに前年より微減。強制わいせつの検挙件数は4300件、人数は2602人でともに過去最多だった。

 さらに、2009年6月までの1年間に性犯罪で懲役刑の有罪判決が確定した1791人を対象に調べたところ、強姦をした人の42・1%に前科(性犯罪以外を含む)があった。強制わいせつは36・8%だった。

 また、判決が確定してから5年以内に再犯(同)した人の割合は、痴漢が最も高く44・7%。次いで盗撮の36・4%だった。強制わいせつは16・0%、強姦は3・6%だった。ただし、重い刑で服役中の人などは含まれていない。

 学歴別に見ると、盗撮や痴漢で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら