[PR]

 九度山町ゆかりの戦国武将・真田幸村を主人公にしたNHK大河ドラマが来年から始まるのを受けて、南海電鉄は九度山駅(同町九度山)の駅舎を改装し、14日にお披露目した。九度山は幸村が大坂の陣に向け、雌伏の時を過ごした地。そこで、この機に地元を盛り上げようと、町家風の駅舎を落ち着きのある焦げ茶色やベージュ色に塗り直し、真田家の家紋「六文銭」の陣幕やのれんを飾った。ホームの柱や照明にも家紋をあしらった。

 駅舎前では岡本章町長らがテープカット。真田勢の赤い甲冑(かっちゅう)「赤備(あかぞな)え」をイメージする色調で今月から走り始めた「真田赤備え列車」の乗客を手を振って見送った。南海は来年1月24日から約1年間、土日と祝日、お盆シーズンなどに駅と真田庵、道の駅「柿の郷くどやま」を結ぶ「真田赤備えバス」も運行する。(中田和宏)