[PR]

 第94回全国高校サッカー選手権大阪大会の決勝が14日、大阪市東住吉区のキンチョウスタジアムであった。阪南大高が接戦の末に興国を1―0で破り、初優勝を飾った。阪南大高は12月30日から東京・駒沢陸上競技場などで開かれる全国大会に出場する。

 序盤から両チームが激しく競り合う展開となる中、前半30分、阪南大高はペナルティーエリア手前でフリーキックのチャンスを得た。ゴール前での混戦の中、浮いたボールにFW福元祐介君(3年)が「自分らしく、泥臭くいくしかない」と体勢を崩しながらも頭で押し込み、均衡を破った。

 対する興国は後半、長短のパスを駆使して再三ゴールに迫ったが、阪南大高の懸命の守備に阻まれ、シュートに持ち込めず、タイムアップとなった。

 雨中での激闘を制した阪南大高…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら