[PR]

 ロボットの研究を手がける新井紀子・国立情報学研究所教授が寄せたコメント全文は以下の通り。

     ◇

 今年も受験の季節がやってきた。

 人間の、ではない。国立情報学研究所が中心となって進めているプロジェクト「ロボットは東大に入れるか」で開発している人工知能「東ロボくん」である。今年は、全国約44万人の高校3年生が受験した「進研6月マーク模試」に挑んだ。東ロボくんがセンター試験を想定した模試に挑戦するのは今年が3度目だが、初めて世界史Bと数学(ⅠA、ⅡB)の3科目で偏差値60を大きく超えた。受験した8科目の総合得点は511点(950点中)、偏差値は57・8に達した。昨年の総得点は386点なので、125点の伸びである。33の国公立大学にも合格可能性80%以上の判定を受け、有名私立大学の合格圏内にも入った。

 今年大きく点数を伸ばした数学と世界史では、それぞれ大学院生と企業の活躍が目立った。しばしば基礎研究からビジネスまでは30年程度の時間を要すると言われる。しかし、今回の東ロボくんの成長ぶりは、近年の人工知能技術が既に学生や企業に手が届くところまでツールとして整備されていることを示している。先日もGoogleが機械学習ライブラリーを誰もが無償で利用できる形で公開した。こうしたツールを自在に使いこなす人々は、私たちが今はまだ想像ができないような新しいビジネスを考案していくことだろう。社会のいたるところで人工知能が活躍する社会まで、あと10年かからないかもしれない。

 東京大学の2次試験をいずれ受験することも想定し、数学と世界史の2科目で「東大入試実戦模試」にも挑戦した。世界史は今年が初めて。東大を目指している優秀な受験生に交じって、西欧とアジアの国家体制の変遷について論じ、都市間のヒトやモノの交流に関する設問に答えた。これに挑戦したのも、横浜国立大学と名古屋大学という二つの大学の大学院生と若手研究者たちだった。

 通称「大論述」と呼ばれる、出題意図を的確につかんで600字でまとめる第1問は、機械にとっては、問題中のキーワードを手がかりに教科書を要約し、人間と遜色ない文章にまとめられるかという問題である。

 「小論述」と呼ばれる第2問は、手がかりとなるキーワードが限られる中、出題意図に沿った一文を教科書からピンポイントで選ばなければいけない。どちらも人工知能にとって難しい課題である。

しかし、東ロボくんは初挑戦にもかかわらず、受験生平均を上回る偏差値54を獲得してしまった。

 いくら教科書数冊とウィキペディアを丸暗記しているからといって、こんなことがあってよいはずがない。何しろ、東ロボくんに限らず、現在「人工知能」と呼ばれているものは言葉を解さない。出題意図などみじんも理解できない。ただ、キーワードを頼りに検索をし、関係がありそうな文を選んできて、制限字数内にはめ込むだけだ。素っ頓狂な記述も少なくない。にもかかわらず、東ロボくんは受験生に比べて「優れた」答案を書いたのである。

 私は、事前に東大の世界史過去問題集に目を通した。そこには目を見張るような良問が並んでいた。東大生ならば、ぜひとも歴史から学ぶことで、混迷した現代社会の課題を読み解き、解決していけるような洞察力と論理性を身に着けて欲しいという、まさに受験生へのラブレターのような問題であった。これを一枚一枚採点するのか、と思うと頭が下がる。

 世の人々は、実際の入試問題を見ず、また、採点の実態を知らずに、「一発勝負ではない丁寧な入試を」「暗記や計算ではない創意工夫を求める問題を」と求める。が、東大の記述式試験は、一発勝負や丸暗記とはまさに対極にある、世界でも類をみない丁寧な入試なのである。世界史だけではない。数学や他の科目も同様である。

 そのような「丁寧な入試」にもかかわらず、なぜ受験生は機械に後れをとったのか。

 東ロボくんの答案を採点した予備校の先生は、「世界史を理解しようともせず、ただ教科書を丸暗記して部分点を狙ってくる受験生の答案に似ている」と喝破した。つまり、東ロボくんのような答案を書いて入学している受験生が相当数存在するのである。東大を始めとする難関大学にとって不幸なのは、どれほど丁寧な入試をしても、それに応えることができる受験生が減り続けているということだろう。

 人が機械より優れているのは、意味を理解して問題解決を図る能力があるからだ。意味を理解することを放棄し、単なる暗記や記号処理に走れば、機械に追い越されるのは時間の問題でしかない。

 ところで、私たちは人工知能を開発することと並行して、どれくらい人間は人工知能をうまく使いこなすことができるかに関する調査も実施している。そのひとつが、日本史教科書を自由に検索できる状況の中で、高校生は論述式の問題にどれくらい正しく答えられるか、という調査である。複数の進学校に協力を得て実施した結果、小論述でも正答率は半分以下、大論述になると歯が立たないという結果が出た。悲しいことに、日本史を高校で選択したか否かは、正答率に何ら影響を与えなかった。スマートフォンやSNSを日常的に使いこなしているようにみえる高校生だが、該当箇所をうまく検索できず、仮に該当ページが表示されても、どこが答えとして適切な箇所か判断ができなかったのである。

 東ロボくんが東大合格を目指すのは2021年。道は半ばまで来た。後半の研究開発に一層の力を入れながら、心の中では「人間、頑張れ!」と祈りたい。

こんなニュースも