テレビドラマでの個性的な脇役のほか、旅番組のリポーターとしても親しまれた俳優の阿藤快(あとう・かい、本名阿藤公一〈あとう・こういち〉)さんが亡くなっていたことが16日、分かった。自宅で死亡しているのを親族が15日見つけた。14日が69歳の誕生日だった。病死とみられる。葬儀は近親者で営む予定。

 46年、神奈川県生まれ。当時の東京都立大卒業後、俳優座に入る。72年、「木枯し紋次郎」でテレビデビュー。「裸の街」「教師びんびん物語」などのドラマや、映画「影武者」などに出演。悪役からコミカルな役まで幅の広い演技をみせた。「ぶらり途中下車の旅」などの旅番組、情報番組のリポーターとして全国を巡り、人気を集めた。現在、TBSで放映中のドラマ「下町ロケット」に弁護士役で出演していた。

 01年11月に阿藤海から阿藤快に改名した。