[PR]

 外注先に水増し請求するよう求め、代金約1100万円を自分の勤務先に支払わせて損害を負わせたとして、警視庁は16日、調理専門学校「服部栄養専門学校」を運営する「服部学園」(東京都渋谷区)の職員で元総務部長の染谷吉彦容疑者(43)=東京都新宿区西新宿3丁目=を背任容疑で逮捕し、発表した。

 捜査2課によると、染谷容疑者は、服部学園の理事長で料理評論家の服部幸應(本名・染谷幸彦)さんの長男。「ナンバーズの購入代金にしたり友人にあげたりした」と容疑を認めているという。

 捜査2課の説明では、染谷容疑者は総務部長だった2012年4月~今年3月、学園が広告宣伝業務を外注する渋谷区のデザイン会社と江戸川区の広告会社の2社に、正規の代金に水増しして請求させるなどの手口で、計1133万円を学園に支払わせた疑いがある。染谷容疑者は2社に先に現金を要求して受け取り、その分を学園に水増し請求させる形で「返金」していたという。

 不正を指摘する匿名の情報が寄せられ、警視庁が調べていた。同様の手口で、総額数千万円を着服していた、と同課はみている。

 服部学園は「担当者が不在で、事実を確認できていない」と話している。