[PR]

 マタニティーマークが「反感を持たれそう」とつけるのをためらう人がいる――。朝日新聞デジタルの記事にツイッターなどで反響が寄せられています。マークはそもそもどんな経緯で生まれたのか。マークについて知り、いっしょに考えませんか。

 マタニティーマークをつけている人はどんな気持ちなのか。11月初旬、東京駅でたずねてみた。

 片道2時間かけて通勤する相模原市の会社員(29)は妊娠7カ月。つわりでラッシュの電車に乗る時はつらかった。「倒れて処置してもらうとき妊婦だとわかってもらうため」。通りすがりに50代ぐらいの女性に「いまはマークがあっていいわね」と言われ、皮肉っぽく聞こえてイヤな気分がした。

 東京ディズニーランドに遊びにきた大阪市の会社員(29)は9カ月。「特に初期に妊婦だとわかってほしくて」長男(2)を妊娠したときもつけた。一緒にいた姉(31)は長男(1)を産むとき、マークをつけなかった。「つけてもつけなくても、優しい人は優しくしてくれますから」

 大阪駅周辺でも通勤中の人に声をかけた。

 大阪府守口市の看護師(29)…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら