拡大する写真・図版 塗装されていない状態のMRJ=三菱航空機提供

[PR]

 国産初のジェット旅客機MRJが、塗装されていない「すっぴん」の姿で真夜中に道路を横切る――。MRJの量産が始まる来春以降、工場ができる愛知県豊山町で、そんな姿が見られそうだ。

 三菱重工業は、MRJを量産する新工場を豊山町の県営名古屋空港近くに建設中で、来年春に稼働する予定。東海を中心に各地でつくる胴体や主翼をここで組み立て、塗装もして、仕上げる。

 航空機大手の米ボーイングや欧州エアバスは、まとまった広大な敷地にある工場内で組み立ても塗装も行う。だがMRJの場合は、組み立て工場と塗装工場の間に県が管理する幅21メートルの道路があり、そこを機体が時折横切ることになる。

 安全を確保するため、三菱重工は道路に踏切を設置する。車の通行が少ない夜間に遮断機をおろし、牽引(けんいん)車を使って機体を横断させる予定だ。塗装前の機体は、さび止めの塗料で黄緑色がかっている。雨やちりを防ぐため、シートをかぶせる可能性もあるという。

 塗装した機体は、最終点検のた…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら