[PR]

 気象庁は16日、これまでの地震や津波に加え、新たに大雨、暴風、大雪、噴火などの特別警報を、携帯電話の「緊急速報メール」で配信すると発表した。19日午前11時から始める。

 新たに配信されるのは、数十年に1度の規模の気象(大雨、暴風、波浪、高潮、大雪、暴風雪)が予想される場合と、噴石が居住地域に達する恐れがある噴火警戒レベル4(避難準備)、5(避難)に相当する噴火が発生したか、切迫した時。今回の追加で、全ての種類の特別警報がメール配信されることになる。

 メールが届く携帯電話会社は、NTTドコモ、au、ソフトバンクの3社。特別な設定や登録をしなくても、特別警報の対象市町村の範囲内の携帯電話に、一斉メールで速報が届く。電源が入っている限り、マナーモードでも警報音が鳴り、注意を促す。

 防災企画室は「特別警報が出る時は、すでに災害の危険が差し迫っていると知って欲しい」としている。(鈴木逸弘)