[PR]

 仙台うみの杜(もり)水族館(仙台市宮城野区)は16日、予定の17日より1日早く来場者数100万人を達成した。14~15日の来場者数が、予想より計2200人多かったためという。うれしい誤算となったが、担当者は「盛大にお祝いができなくて申し訳ない」。

 水族館では、98万人を突破した13日、7月のオープン以降のお客さんの来場ペースなどから「17日のお昼ごろに達成する」と計算。100万人目の来場者には、アシカがプレゼントを贈るなどの記念イベントをするつもりだった。

 16日午前、入場券の発券枚数などから前日までの来場者数を確定させたところ、16日中に達成することがわかった。100万人目の来場者が誰だったかはわからなかったという。

 17日の記念イベントは規模を縮小し、午後1時から、特別なイルカのジャンプなどで祝う予定。(船崎桜)