[PR]

 成年後見人として管理していた女性(当時103)の財産から約6700万円を横領したとして、東京地検特捜部は17日、千葉県柏市の司法書士山口雄一容疑者(63)を業務上横領の疑いで逮捕し、発表した。特捜部は認否を明らかにしていない。

 発表によると、山口容疑者は2013年7月から14年11月までの間に、約6746万円を郵便局などから6回にわけて現金で引き出し、横領した疑いがある。

 山口容疑者は東京司法書士会に所属。東京家裁立川支部の審判により13年3月、女性の成年後見人に選任された。女性は14年8月に亡くなったが、その後も相続人に引き継ぐまで、山口容疑者が財産を管理していたという。