[PR]

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会は17日、別人による代作などを謝罪した佐村河内守氏の会見を報じたTBSテレビの情報バラエティー番組「アッコにおまかせ!」について、佐村河内氏の名誉を毀損(きそん)する人権侵害があったとして再発防止を求める勧告を出した。勧告は人権委が出す最も重い判断。

 番組は、佐村河内氏の聴力をテーマに、謝罪会見の映像とスタジオ出演者のトークなどで構成。昨年3月9日に生放送された。

 佐村河内氏は会見で、医師の診断書を配り、障害者手帳は返納したものの声が聞こえにくい「感音性難聴」だと説明し、手話通訳を同席させていた。それを番組では、「健常者と同等の聴力を有していたのに、聴覚障害者であるかのように装って会見に臨んだとの印象を与え、名誉を著しく侵害された」などとして、佐村河内氏が人権委に審理を申し立てていた。

 人権委は番組について、アナウ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら