[PR]

 フランスのパリで13日に起きた同時多発テロ事件で、これまでに把握された容疑者とは別に、実行犯とみられる1人が逃走していることがわかった。複数の欧米メディアが仏当局の話として伝えた。指名手配されたサラ・アブデスラム容疑者(26)の行方もわかっていない。パリ北郊では18日早朝、仏警察当局による捜査の中で銃撃戦が起き、ロイター通信によると警官数人が負傷した。

 報道によると、捜査当局による事件の分析で、現場で死亡した実行犯7人とサラ容疑者のほかに、新たに1人が犯行に直接加わっていたことが明らかになったという。カフェで自爆した容疑者と同じグループとみられる。フランスのカズヌーブ内相は17日、国内全土に警察官や兵士ら11万5千人を配置し、捜査や新たなテロの警戒に当たっていると述べた。

 これとは別に、仏警察は17日、死亡した7人のうちサッカー場で自爆テロをした男1人の顔写真を公開した。身元は判明していない。ツイッターで使っていたものだといい、情報提供を呼びかけている。

 他方、パリ北部18区で17日…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも