[PR]

 ホテルオークラ東京(東京都港区)は、海外の首脳ら国賓級の客しか泊まれない別館の貴賓室を、12月24日か25日の1泊分に限り一般向けに販売する。2人利用なら夕食付きで80万円。

 貴賓室は231平方メートルで、寝室のほか、リビングやダイニングルームがある。ホテル内のフランス料理店がクリスマス特別メニューを用意する。

 この貴賓室を一般向けに販売するのは、開業50周年を記念した2011年以来2回目。本館は改修のため9月から休業しているが、別館は営業を続けていて、それをPRするねらいもある。追加料金を払えば、最大6人まで宿泊できる。予約は代表電話(03・3582・0111)で18日から受け付けているが、先着順で1組限定。(野口陽)

こんなニュースも