【動画】小鳥のタップダンス、北大が撮影=北海道大、太田菜央さん撮影
[PR]

 小鳥がさえずりながらタップダンスを踊るように両足で足踏みする姿を、北海道大の研究チームが撮影した。異性への求愛行動とみられ、高速で複雑に踏みならす姿は珍しいという。19日、英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に論文が掲載された。

 鳥の生態を分析する同大大学院の相馬雅代准教授らの研究チームが、研究事例の少ないアフリカの小鳥「セイキチョウ」に注目。雌雄16羽を1秒間に300コマ撮影できるカメラで2週間観察したところ、11羽(雄7羽、雌4羽)が1回のジャンプの間に平均3~4回、最大6回程度足踏みをしているのを確認した。

 チームによると、近い種類の文鳥などは単純なジャンプはするが、高速で足踏みするのはまれという。リズミカルな足踏みの音や震動で、異性へ強くアピールしている可能性があるという。相馬准教授は「声や羽で音を出す鳥は多いが、ここまで複雑な動きをする鳥は珍しく、さらに分析したい」と話している。(森本未紀)