[PR]

 通販大手アマゾンジャパンは19日、注文から1時間以内に商品を届けるサービス「プライムナウ」を始めた。有料会員限定で、対象地域は東京都心の世田谷、目黒、大田、品川、渋谷、港、杉並、新宿の8区内(一部をのぞく)。注文は1回あたり2500円以上で、配送料が税込み890円かかる。

 対象は食品や日用品、家電など約1万8千点で、冷蔵・冷凍品も初めて扱う。スマホの専用アプリで注文すると、東京・等々力に新設した拠点から提携業者がバイクなどで商品を運ぶ。その位置をGPS機能で追うこともできる。

 配送時間は午前6時から深夜1時まで。1時間以内に届かない場合は、配送料を返金する。2時間単位で配達時間を選べるサービスも同日、無料で始まった。

 プライムナウの導入は、米、英、イタリアに続いて4カ国目。アマゾンジャパンのジャスパー・チャン社長は「なるべく早く日本全国に広げたい」と語った。

 ライバルの楽天も8月、最短で20分、平均1時間で商品を届ける「楽びん!」サービスを始めている。