[PR]

 5年ぶりに復活した漫才大会「M―1グランプリ2015」の準決勝が19日夜、東京・EXシアター六本木で開かれ、12月6日の決勝に進む8組の顔ぶれが決まった。過去に決勝経験のあるコンビと、初進出のコンビが4組ずつとなった。

 2001~10年までのM―1でも決勝に残ったのは、3度目の進出となるハライチをはじめ、銀シャリ、ジャルジャル、タイムマシーン3号の4組。馬鹿よ貴方(あなた)は、スーパーマラドーナ、和牛、唯一の男女コンビであるメイプル超合金は初めてファイナリストとなった。

 結成15年以内が出場資格の今大会には3472組がエントリーし、この日の準決勝は28組で争われた。決勝は、準決勝で敗れた20組による敗者復活戦を勝ち抜いた1組を加えた9組で王者の座を争う。(篠塚健一)

こんなニュースも