[PR]

 観覧車からプロ野球観戦はいかがですか――。楽天イーグルスは今オフ、本拠・コボスタ宮城の大規模改修に乗り出した。グラウンドを天然芝にし、左中間席付近を改築してできる公園のようなスペース「楽天山パーク(仮称)」に、観覧車を設ける。球団によると、国内の野球場では初の試みという。

 高さ36メートル、4人乗りのゴンドラ16台を備えた巨大遊具が左中間席にそびえ立つ。1周の所要時間は5分15秒。工費は約2億円で、来年5月の完成をめざしている。ナイトゲームでは、本塁打が出た際などに、観覧車につけた電飾で演出する構想もある。

 ボールパーク化をめざす大改修の目玉となった観覧車について、「以前から検討していた」と川田喜則スタジアム部長(41)。世界的にも珍しく、大リーグにはデトロイト・タイガースの本拠地コメリカ・パークに観覧車が隣接しているが、ゴンドラからは試合が見えないという。

 立花陽三球団社長(44)は「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら