[PR]

 作家・池井戸潤さんが「下町ロケット」の取材協力者と認める人が3人いる。登場人物と同じ情熱と志を持った仕事ぶりを紹介する。

神谷弁護士のモデル

《弁護士・弁理士、鮫島正洋さん》

 特許訴訟で追い込まれた「佃製作所」に颯爽(さっそう)と現れ、窮地を救う弁護士のモデルが、鮫島正洋弁護士だ。元技術者という素養を生かし、企業の特許戦略を支えている。

 「飲み友達だからモデルにしてくれたのではなく、池井戸さんが我々の理念に共感してくれたから小説に取り込んでくれたのだと思っています」

 その理念の一つは、真剣にもの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら