[PR]

 大崎市図書館の村上さつきさん(41)は、県内第1号の「認定司書」だ。図書館運営の中核を担う人材を育成しようと、日本図書館協会が2010年度から始めた。「これまで以上に、仕事と前向きに向き合っていかなければ」と、気持ちを引き締めている。

 認定司書は10年以上の図書館勤務経験を持つ司書が対象。業務に関する研修を受けていることや、図書館運営に役立つ著作があることなどが条件になる。これまでに全国で100人が認定されている。

 村上さんが、認定司書をめざそうと考えたのは、東京都内の図書館で非常勤職員として働いていた3年ほど前のことだ。認定されれば、仕事への責任感が増すと考えたからだ。

 準備を進めているときに、新し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら