[PR]

【2013年9月27日朝刊経済面】

 三菱重工業は26日、カナダの衛星運用会社テレサットから、国産のH2Aロケットを使った通信放送衛星の打ち上げを受注したと発表した。2015年後半に種子島(鹿児島県)から打ち上げる予定だ。海外の商業衛星打ち上げの受注は初めてで、日本が取り組む「宇宙ビジネス」に薄日が差してきた。

 テレサットは世界4位の衛星運用会社で、打ち上げ予定の衛星は3トンを超える大型衛星になる見通しだ。H2Aロケットは改良によって、4.7トンまで運べるようになっている。受注額は公表していないが、100億円前後とみられる。

こんなニュースも