[PR]

 東京都品川区の大井競馬場で23日、福島県の相馬地方に伝わる「相馬野馬追(のまおい)」の甲冑(かっちゅう)競馬が披露された。

 相馬地方で飼育されている元競走馬8頭が出走。旗指し物を背負った白鉢巻き姿の若武者を乗せ、約800メートルを駆け抜けた。

 同競馬場での披露は1977年から断続的に続き、今年で20回目。東日本大震災のあとは、2011年以外、毎年実施されてきた。

 同競馬場のレースを運営する特別区競馬組合は「野馬追などのイベントを通して東北と来場者をつなぎ、復興を応援したい。これからも続けていきたい」と話している。(林敏行)