[PR]

 ロシアのプーチン大統領は23日、イランの首都テヘランを訪問し、最高指導者ハメネイ師と会談した。ロハニ大統領とも会談する。プーチン氏のイラン入りは8年ぶり。内戦が続くシリアの和平を巡って国際社会が対立するなか、アサド政権支持で一致するロシアとイランは連携を強調する狙いがある。

 ロシアのノーボスチ通信によると、プーチン氏とハメネイ師はシリア和平について、「シリア国民自身による政治的手段で実現する以外の選択肢はない」とする見方で一致。米国などの介入に釘を刺した。米国やサウジアラビアはアサド大統領の退陣がシリア和平の前提と主張。ロシアとイランはアサド氏の和平プロセス参加を求めている。

 また、プーチン氏は23日、イラン訪問に合わせ、ウラン濃縮用の遠心分離器の更新を含む、イランへの原子力分野の協力を解禁する大統領令に署名した。ノーボスチ通信によると、イランから濃縮されたウランが輸出される場合に限り、設備や材料、技術の提供が解禁される。

 ロシアはイランとの原子力ビジ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも