[PR]

 架空発注を繰り返して大手繊維メーカー「東レ」(東京都中央区)から現金約2300万円をだまし取ったとして、警視庁は24日、元社員の本間士朗(51)=東京都板橋区=と、元妻の無職小野恵美子(54)=東京都港区=の両容疑者ら3人を詐欺容疑で逮捕し、発表した。本間容疑者は容疑を認め、他の2人は否認しているという。

 捜査2課によると、本間容疑者は東レの医療用具製品課長だった2013年1~11月、販売促進用の症例説明書の作成や医学論文の翻訳などの業務を都内の広告宣伝会社に発注したように見せかけ、十数回にわたって代金として計約2300万円を東レからだまし取った疑いがある。同課は、3人がこの口座から現金を引き出し、飲食代や家賃に使ったとみている。