[PR]

 人間と同じように、「顔」の違いでほかの個体を見分ける魚がいることを、大阪市立大学の研究チームが突き止めた。米科学誌プロスワンに26日発表した。

 家族で群れをつくり、縄張りを持つアフリカ産のカワスズメ科の魚を使った。この魚は同じ群れや、隣の縄張りの魚など「隣人」にはあまり反応しない。一方、よく知らない「他人」の魚が縄張りを通りかかると警戒反応を示す。

 この魚は体が白く、目のそばに黒や黄色などの模様があり、個体によって異なる。そこで「他人」の顔の模様を「隣人」の魚体に合成したCGを作り、水槽越しに8匹の魚に見せたところ、あまり近寄らない警戒反応を見せた。逆に「隣人」の顔を「他人」につけたCGには警戒感を見せず、近寄った。

 研究チームは、顔の識別能力は集団生活で自分より強い魚を見分けるのに必要とみている。イワシやマグロなど縄張りを持たず大群をつくる魚には必要なく、識別能力がないと考えている。市立大の幸田正典教授は「人間のように顔を識別している魚がいることに驚いた」と話す。(小堀龍之)