[PR]

 慶応大医学部は25日、スマホ「iPhone」を使った臨床研究を始めたと発表した。生活状況の質問に答えたり、手の運動機能をスマホ内蔵のセンサーで調べたりして、不整脈や脳梗塞(こうそく)にかかるリスクを検討する。今回は個人向けの健康を診断するのではなく、スマホで集めたデータの質を確かめるのがねらい。

 iPhoneのセンサーなどを活用した研究は米スタンフォード大など海外の機関では、糖尿病、ぜんそく、乳がんなどの分野で始まっている。アップルが一般公開している医学研究アプリ作成の基盤技術を利用する。この基盤を使う研究を実施するのは、国内では慶応大が初めてという。

 循環器内科の福田恵一教授、木村雄弘・特任助教らが取り組む。アップルのサイトから「Heart & Brain」という無料アプリを入手し、同意した上で研究に参加する。腕時計型のアップルウォッチを使って心拍を測定をするが、そのウォッチを持たない人でも参加できる。動悸(どうき)が起きたら、日時や場所を記録する機能もある。

 個人が特定できない形でデータを集め、不整脈などの状況を調べ、健康維持や病気の予防に活用できるかを評価。不整脈があると血栓ができて脳の血管を詰まらせ、脳梗塞を招くリスクが高まる。木村助教は「多くの人が携帯するスマホなどのセンサーを活用することで、病気の早期発見や予防の可能性を探りたい」と話す。(浅井文和)

こんなニュースも