[PR]

 安倍晋三首相は24日の経済財政諮問会議で、最低賃金を「年3%程度を目途に」引き上げ、「全国加重平均で(時給)1千円を目指す」と表明した。安倍政権が最低賃金の具体的な目標を示すのは初めて。景気の足踏みが続く中、賃金底上げで消費拡大を図る。

 政権が目指す「名目GDP(国内総生産)600兆円」に向けた緊急対策の目玉。いま約500兆円のGDPを2020年ごろに目標まで増やすには名目3%程度の成長が必要で、賃金も同様に上昇が必要という考えだ。今年度の最低賃金は全国平均で798円で、年3%引き上げると23年に1千円に届く計算だ。

 時給で働く非正社員らにとっては、最低賃金の引き上げが暮らしに直結する。

 最低賃金の時給905円で働く神奈川県葉山町の猪井伸哉さん(46)は弁当工場でパートとして月20日ほど働き、手取りは8万~9万円。両親と一緒に暮らすが、自身の貯金はほとんど無い。以前は一人暮らしだったが、料金滞納で電気を止められて数十円のうどん玉だけの食事でしのいだ。

 「最低賃金が上がらないと、自分の賃金が上がらない。早くまともな生活ができるようになりたい」

 最低賃金の今年度の引き上げ幅…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも