[PR]

 2人乗りのタンデム自転車が公道を走れる地域が増えている。7年前までは長野県だけだったが、今年、愛知、群馬、京都の3府県が加わって11府県に。なぜいまタンデムなのか?

 10月中旬、兵庫県の淡路島。海沿いの道を9台のタンデム自転車が駆け抜けた。NPO法人「サイクルボランティア・ジャパン」のイベントだ。ハンドル操作がいらない後部座席に視覚障害者や知的障害者が座り、ペダルを懸命にこいでいた。普通の自転車より、車体が2・4~2・5メートルと長いのが特徴だ。全盲の飯田育生(いくお)さん(52)は浜松市から参加した。「風を感じられるのが魅力。1人では行けないところに行けるのが楽しい」と声を弾ませる。地元の静岡県では「安定性がある」(県警)として三輪のタンデムなら公道を走れるが、「二輪の方が軽くて乗りやすい」と飯田さん。折りたたみの二輪タンデムを持参し、各地のイベントに足を運んでいる。

 タンデム自転車は、道路交通法上は公道を走れるが、都道府県の公安委員会が走行できる道路を限定したり、三輪に限られたりするケースが多い。警察庁によると、二輪のタンデム自転車が公道全般を走行できるのは、山形▽群馬▽新潟▽長野▽愛知▽京都▽兵庫▽広島▽愛媛▽佐賀▽宮崎の11府県。

 何が、解禁の決め手だったのか。普及を目指すタンデム自転車交流協会の岡田勝博事務局長は「県や県議会に障害者団体などが要望して前進するケースが多い」と話す。

 解禁が最も早かったのは197…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら