[PR]

 静岡市の岡田卓也さん(38)率いるバスケットボールチーム「静岡ジムラッツ」が6季目の渡米をし、米独立リーグ(ABA)に挑んでいる。若手選手への経済的支援を求め、朝日新聞のインターネットサイト「A―port」(エーポート)によるクラウドファンディングで一般から資金を募っている。岡田さんは「将来、世界で活躍する選手が日本から輩出するため、米国に挑戦し続けたい」と協力を求めている。

 ジムラッツは全国でバスケ教室を開き、米国で得た経験を子どもたちへの指導に生かしている。現地でのつながりを生かして、子どものバスケ短期留学ツアーも始めた。岡田さんは「一流選手とプレーした経験は、子どもの将来の夢を広げる」と話す。

 ただ、ジムラッツは現地での本拠がなく、米国を中心に車で移動しながら試合をこなしている。渡航費、レンタカー代、ガソリン代、宿泊費、食事代などで1人あたり約50万~70万円かかるという。

 若い選手たちは学生だったり、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら