[PR]

 気象庁は25日、12月から来年2月の3カ月間の天気予報を発表した。エルニーニョ現象の影響で西高東低の冬型の気圧配置が続きにくく、南から暖かく湿った空気が入りやすい。このため、東日本と西日本では平年より高温で暖冬が予想され、太平洋側では降水量も多い見込み。ただ、本州の南を「南岸低気圧」が通りやすくなり、都心では雪への警戒も必要という。東日本の日本海側は、降雪量が少なくなる見込み。