【動画】体に着けた歩行能力を高める装置「ロボットスーツHAL(ハル)」=竹野内崇宏撮影
[PR]

 厚生労働省は25日、体に着けて歩行能力を高める装置「ロボットスーツHAL(ハル)」を医療機器として承認した。装着型ロボットの承認は日本では初めて。開発した山海嘉之・筑波大教授は厚労省で記者会見し、「長い道のりだった。医療用ロボットの承認は、日本の新しい産業をつくることにもなる」と語った。

 承認されたのは、全身の筋力が低下した筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの難病患者の歩行機能を改善するための医療機器として。

 HALは筑波大学発のベンチャー企業サイバーダインが開発。筋肉を動かそうとする際に生じる微弱な電気信号を、ももやひざに貼り付けたセンサーで読み取り、内蔵するコンピューターで関節部のモーターを動かして歩行を助ける。脊髄(せきずい)損傷の患者や、脳卒中の後遺症で歩行障害のある患者らも利用できるように、研究を続けていくという。(竹野内崇宏)

関連ニュース