[PR]

 埼玉県で西武学園文理小学校などを運営する学校法人「文理佐藤学園」で学園長や小学校長を務めた佐藤仁美氏(44)が不適切な支出をしていた問題で、学園は26日、支出額が最終的に計5617万円に上った、との調査結果を発表した。「私的流用を疑わせるものが多数あった」として、仁美氏は今月12日の理事会で懲戒解雇された。

 学園は8月に外部からの指摘を受けて調査委員会を設置。9月上旬までの調査で、仁美氏は「学園業務の一環」として9回海外出張し、旅費や通訳費などに使った経費約7154万円のうち約1482万円を不適切な支出としていた。

 調査委がその後も期間を広げて調べたところ、2009年~15年に米国や英国などに20回出張し、使った経費は1億1531万円に上った。法人のクレジットカードの明細書などから、学園業務に関係ない不適切な支出額が計5617万円だった、と結論づけた。

 仁美氏は役職の辞任届を出し一部を弁済したが、学園は「学内秩序を乱した」として懲戒解雇した。