[PR]

 糖尿病を患っていた宇都宮市の男児(当時7)に適切な治療を受けさせずに死亡させたとして、栃木県警捜査1課と鹿沼署は26日、同県下野市小金井1丁目の会社役員近藤弘治容疑者(60)を殺人容疑で逮捕し、発表した。

 捜査1課によると、亡くなったのは宇都宮市東原町の小学2年生今井駿君。近藤容疑者は、今井君の両親から1型糖尿病でインスリンの投薬治療が必要だと聞いていたが、4月上旬ごろから投薬治療を中断させ、医師による適切な治療を受けさせないまま放置して死亡させた疑いがある。

 今井君は4月27日、搬送先の病院で死亡した。司法解剖の結果、死因はインスリンの欠乏で起きる「糖尿病性ケトアシドーシス」を併発した1型糖尿病に基づく衰弱死だった。

 捜査関係者によると、今井君の母親が以前からの知り合いだった近藤容疑者に相談。近藤容疑者は自身に特別な力があると今井君の両親に信じ込ませ、「私の言うことを聞けば大丈夫。他の人にはない力を持っている」などと話し、今井君に足や腹を触るなどの行為を繰り返した。報酬として両親から200万円以上を受け取っていたという。

 今井君が搬送された病院から通報を受けた県警が捜査を始めていた。