[PR]

 世界が伊勢志摩にやってくる――。主要7カ国首脳会議(G7サミット)が今年5月26、27の両日、三重県・賢島(かしこじま)(志摩市)を主会場に開催される。

 米国やフランス、ドイツなどのG7首脳が日本に集まるのは、2008年の北海道・洞爺湖サミット以来、約8年ぶり。訪日玄関とされる中部空港がある愛知県とともに、この地域が経験したことのない最大級の国際イベントを迎える。

 伊勢志摩サミットでは事前の準備期間も含め、各国政府や報道関係者ら延べ50万人の宿泊を見込む。地元の百五銀行の試算では、三重県での経済効果は開催後5年累計で1110億円。外国人の延べ宿泊者数は14年の5倍の90万人にふくらみ、国際会議も09~13年の平均2・6回から年30回に急増するとみる。

 テロ対策など失敗の許されない…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも