[PR]

 女子高校生を強姦(ごうかん)した容疑などで26日、警視庁の警察官が埼玉県警に逮捕された。県警によると、別の女性の下半身が写った携帯電話の画像を見せ「盗撮防止の仕事をしている」「あなたの個人情報が流出する」とうそを言ってホテルに連れ込んだ疑いがある。「タイプの子だった」と容疑を認めているという。

 県警の発表などによると、わいせつ目的誘拐と監禁、強姦致傷容疑で逮捕されたのは、警視庁千住署地域課の巡査部長小野寺毅(たけし)容疑者(35)=埼玉県三芳町藤久保。逮捕容疑は、5月30日夕、埼玉県富士見市の路上で生徒に声をかけてホテルに連れ込み、顔にカッターナイフを突きつけて「抵抗したら殺す」と脅して強姦し、1週間のけがを負わせたというもの。

 小野寺容疑者は私服姿で帰宅途中だった。2人に面識はなく、警察官とは名乗らなかった。ホテルや周辺の防犯カメラの映像などから小野寺容疑者が浮かんだという。

 警視庁の滝沢幹滋・警務部参事…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら