[PR]

 NHKは26日、大みそかに放送する第66回紅白歌合戦について、司会者に続き出場者51組を発表した。初出場は紅組、白組ともに5組ずつの計10組。また、特別企画枠として小林幸子さんが“復活出演”する。

 白組で初出場を果たすのは、高い技術と独自性でメジャーデビュー2年目にして広い世代から支持を受ける「ゲスの極み乙女。」、人気バンドのBUMP OF CHICKEN、俳優としても活躍する星野源。演歌界からは三山ひろしと山内惠介が決まった。

 紅組では19歳の新鋭・大原櫻子、根強い人気を誇るSuperfly、アイドルグループの乃木坂46、μ’s(ミューズ)のほか、今年再結成した伝説的バンド「レベッカ」が初めての大舞台に立つ。

 紅白に「帰ってくる」のは白組ではX JAPAN、近藤真彦、ゆずなど。紅組では今井美樹、高橋真梨子ら。

 今年の紅白のテーマは「ザッツ、日本! ザッツ、紅白!」。選考についてNHKは、①今年の活躍②世論の支持③番組の企画・演出の3点を中心にリストアップしたという。

 これまでの紅白の対戦成績は紅組29勝、白組36勝。(後藤洋平、滝沢卓)