[PR]

 大阪府教育委員会は27日、全国学力調査(学テ)を公立高校入試の内申評価に使うことを今年度限りで断念し、来年度から中学3年の府独自テスト「中3チャレンジテスト」を新設することを正式に決めた。来月の府議会に実施経費約1億円の予算案を提案する。短期間での入試制度の相次ぐ変更に加え、実施時期として想定している6月下旬は修学旅行シーズンと重なる。学校現場の動揺は続く。

 この日の府教委会議に諮られ、委員6人のうち賛成5人、反対1人で可決した。

 運用案によると、独自テストは国数英理社の5教科。来年度の3年生から対象とし、学校単位の結果をもとに各校のレベルを把握し、その学校の生徒の内申点の平均が指定するレベルに収まるようにする。成績の良い学校はより多くの生徒に高評価をつけられ、逆の場合は評価を抑えられる。

 全校統一テストによる学校のレ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも