[PR]

 線路のポイントにカメが挟まるトラブルに悩むJR。神戸市立須磨海浜水族園は、踏切とポイントの間にU字溝を埋め、カメを逃がす対策を発表した。

 JR西日本によると、カメが挟まり信号が変わらなくなる事故は2002年度以降、13件発生。線路沿いにフェンスを設置したが効果はなかった。

 水族園のカメ専門家、亀崎直樹さんは踏切から侵入していると考え、多発地点に溝を置くと被害がゼロに。「事故死を救えて、さわやかな気持ちです」