[PR]

 山口県長門市の地域おこし協力隊が、青海島(おうみじま)地区をPRする来年のカレンダーを作った。島には三つの港があり、そこに暮らすネコたちがモデルだ。タイトルは「どにゃ~の青海島」。

 モデルになったネコの写真や名前、特徴を紹介。撮影地がわかるように「猫マップ」も載せた。作成した河村將芳(まさよし)さんは「カレンダーを見た人が島を訪ね、地元の人たちに愛されているネコたちに出会って」とPRしている。

 税抜きで、壁掛け用のA3サイズが1200円、卓上用のはがきサイズが800円。廃校を利用した交流の場「青海島共和国」(0837・26・1120、送料別途で郵送も可)などで販売している。(佐藤彰)