[PR]

 発達中の低気圧の影響で、28日にかけて北海道では大雪が予想される。気象庁によると、北日本から西日本の標高の高い所を中心に雪が積もる恐れがあるとして、暴風雪や高波などへの警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、日本海中部を進む低気圧は、28日にかけて北日本を通過する見込み。日本海の上空には大陸からマイナス30度の強い寒気が流れ込んでいるため、日本海側を中心に大気の状態が非常に不安定になる。27日午後1時時点の積雪は北海道帯広市で59センチ、中札内村で53センチを記録した。

 北日本から東日本の標高の高いところでは、28日にかけて雪が降り続く見込み。28日午前6時までの24時間に予想される降雪は、いずれも多い所で、北海道で70センチ、東北、東日本で15~30センチ、西日本で10~15センチ。