[PR]

 大阪大学(大阪府吹田市)は27日、学内の宿泊施設の利用者から徴収した宿泊料約2300万円を着服したとして、大学本部事務機構の国際連携係長の男性(50)を懲戒解雇し、発表した。

 阪大によると、係長は研究者らの宿泊施設「春日丘ハウス」の事務担当者だった2013年11月~今年9月、施設管理を委託していた民間業者にうその説明をし、大学の銀行口座に振り込むはずの計2288万円を現金で受け取ったという。着服は10年12月以降、総額3700万円以上にのぼるとみられる。

 係長が別の部署に異動する際、関係データの改ざんを指示された管理業者が不審に思い、大学に通報し発覚。係長は「住宅ローンや借金の返済に使った」と認めており、大学は府警に刑事告訴する方針。

 西尾章治郎総長は「深くおわび申し上げる。再発防止に全学をあげて取り組む」との談話を出した。