[PR]

 この国の空気を一変させたあの攻撃があるまでは、ユカ(14)は毎朝、何人かの少女たちと自宅前で落ち合い、その日の予定などを話しながら登校していた。

 しかし、ある日の朝、爆弾が落とされ、多くの命が奪われた。

 ユカは、いつものように登校するつもりでみんなを待った。母に一人で行くようにせかされても、「もうすぐ来るから」と待った。

 しかし、ついに誰も来なか…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも